テーマ ブログ

初心者ほど得する?!AFFINGER6を実際に使ってみた!

みなさんはブログのテーマは決まっているでしょうか?

ブログを始めたての人は、無料テーマでやってみたけどあまり思い通りじゃない、、

もっと全てを網羅しているテーマはないだろうか、、と思ったことありませんか?

ブログのテーマを選ぶべきで大切なことは、

なるべく早い段階で自分の納得のいくテーマを決めてしまうということです!

困ってる人

でも初めの段階ではどのテーマがいいのかすら分からない、、、

そんなことだろうと思って今回は有料テーマでも人気のAFFINGER6をレビューしてみるよ!

ふく先生

AFFINGER6は本当におすすめ?

結論からゆうとすごくおすすめです

正直、有料だからそこまでしなくてもいいや〜と思っていました。

ただ実際初めてみると、あんなデザインしたいな〜とか、このブロガーみたいな編集したいなという欲が出てきてしまい、

ついに有料テーマに手を出してしまいました、、!

ただ、メリットだけではなくデメリットも含めてレビューをしていけたらと思います!

デメリット1 機能がありすぎてどれから手をつけるべきか迷う

これはデメリットでもメリットでもあるかもしれませんが、

初心者の方は機能がありすぎて使いこなすのが難しいと感じるかもしれません。

ただ、はじめは自分の使う最低限の機能を使って徐々に慣れてきたら高度な設定をこなしていけばいいと思います。

デメリット2 設定に時間がかかる

どのテーマを選んでも初め使用する際は設定が必要になりますが、

まだまだ設定を完全に完了させるには程遠いような気がします。

いろんな機能を利用するにあたっては設定が必要です。

機能が膨大すぎて初心者には大変な作業だと思うかもしれません。

私もまだまだ模索中です、、

デメリット3 あとでテーマ変更すると修正が必要になる

途中でテーマを変更すると

今まで使用していたテーマとうまく全てが反映されない場合があり

反映されなかった部分は全て手作業で修正する必要があります。

私も始めたて無料テーマのCocoonを使用していました。

Cocoonからテーマを変更した際にいくつか反映されず修正が必要になってしまいました。

少しの部分であれば修正もすぐにできるのでさほど問題はありませんが、

かなり記事を書かれた後に修正する際は

全ての記事を確認して手作業で修正する必要があるので、覚悟した方が良さそうです、、。

結論

AFFINGER6を少し悩んでいる人は記事を書いてしまう前に導入すべき!

続いて、メリットをみていきましょう!

メリット1 ちょっとしたデザインも楽々解決

AFFINGERなら標準で初心者からするとかなり嬉しい使いやすいデザインが入っています。

パターンの種類はなんと60種類!

例えば

これはサンプル

これはサンプル

これはサンプル

ポイント

これはサンプル

ポイント

これはサンプル

あくまで一例ですが、これがいとも簡単に作れちゃうんです!

またボタンの挿入もいとも簡単にできちゃいます!

ボタン

ボタン

スライドショー機能

ホーム画面にスライドショーを持ってくることも可能です。

自動で記事がスライドされるので読者に見てもらいやすくなり、見た目も抜群です!

ボックス機能も楽々

こんなふうにボックスも簡単に作れちゃうので

簡単にわかりやすく読者に伝えることができます

テーブル機能も一目でわかりやすい表を作ることができます。

商品レビューをする際や、比較をする際にかなり便利です。

バナーデザイン

デザインの一例です

外部のツールを使用することなく、自分だけのバナーの作成ができます。

稼ぐために特化したテーマの力が買い見えますね。

メリット2 一度購入したら買い切り

このテーマは有能ですがやはり有料です。

導入にあたり14800円ですが、これ1回買うだけで複数のアカウントにも反映できます(過激なテーマのブログを除く)

将来的に稼げるようになったら変更しようと思うくらいなら絶対先に買っておいた方がお得です。

また新しいバージョンが出たら無料でアップデートできるので追加でお金がかかることもありません。

ちなみに他の有料テーマは以下のようなものがあります。

有料テーマ名金額特徴
THE THOR16280円検索上位表示のされやすさが売り
SWELL17600円可愛いデザインも豊富
JIN14800円設定のシンプルさが強み

値段にさほど差はありませんが、特別AFFINGER6が高いというわけでもなさそうです。

むしろ、これだけのカスタマイズ機能やデザイン性が備わったフル装備で14800円はお得と言えると思います。

メリット3 デザインが豊富

これらはAFFINGER6公式サイトからのデザイン例になります。

こんなプロっぽいデザインや
会社のホームページのようにも作成できます

こんなふうにプロっぽい使用から自分の好みに合うデザインまで簡単に導入可能です。

デザインの幅がかなり広がるので、誰かとかぶることも困難になります。

AFFINGERユーザーの声

私以外の実際にAFFINGER6を利用しているブロガーさんの声を紹介します。

ここまでメリット、デメリットと紹介しましたが、

実際どうやって購入するの?と疑問に思われた方も多いと思いますので、

実際にAFFINGER6の導入の仕方について紹介していきます!

だれでも簡単にできますよ!

AFFINGER6購入から導入までの流れ

AFFINGER6を購入する

まずはAFFINGER6(WordPressテーマ)にアクセスします

スクロールして今すぐ手に入れるをクリック

AFFINGER6を購入

もし以前にinfotopを利用したことがあれば会員登録済みの方はこちらから

初めての方は初めてインフォトップをご利用の方はこちらをクリック

上から順番に情報を埋めていく

クレジットカードもしくは銀行振り込みを選択し、

規約にチェックを入れ、注文内容を確認をクリック

注文内容を確認したら完了です!

購入が完了するとこんな感じのメールが届きます。

購入したテーマのダウンロード

次に購入が完了したら購入してから14日以内にテーマをダウンロードする必要があります。

まず infotop の右上、「購入者ログイン」をクリック

左から3つ目のタブ、注文履歴、ダウンロードをクリック

購入後14日以内だとこのようにダウンロードボタンがあるのでこちらをダウンロードします。

注意

※zipファイルは一度だけ解凍してください

zip fileを開くとこの3つが入っています。

・【infotop】必ずお読みください.txt
・Gutenberg用プラグイン
・Word Pressテーマ

【infotop】必ずお読みください

こちらは初めて使う方用のマニュアルが閲覧できるwebサイト、閲覧用のパスワードが記載されています

Gutenberg用プラグイン

こちらはAFFINGERのテーマを使用するにあたってプラグインをするファイルが入っています。

こちらも後ほどWordPressにプラグインする重要なファイルです。

Word Press テーマ

こちらのファイルの中には画像のように子テーマ、親テーマが入っています。

両方とも必要なファイルですので確認をしましょう。

Word Pressにテーマを追加

それでは実際にWord Pressに購入したテーマを追加していきます。

まずWord Pressの管理画面を開いて

外観 → テーマをクリック

新規追加 → テーマのアップロードをクリック

ファイルを選択から先ほど解凍したZip fileから

[affinger-child.zip]、[affinger.zip]をそれぞれ一つずつアップロードします。

アップロードが完了したらaffinger childのみを有効化してください

ポイント

どのテーマをアップロードするにしても必ず親テーマ、子テーマが存在します。
なぜ子テーマを有効化するかというと、親テーマでアップデートや変更があった際に子テーマ を有効化しておくと
変更した内容が保存されるためです。

Gutenberg用プラグインの追加

さて最後のステップです。

テーマの導入が完了したら次にプラグインを追加します。

先ほどの3つのファイルに入っていたGutenbergを追加していきます。

これを追加すると以下のようなツールが使えるようになります。

Gutenbergとは

主にデザイン機能、サイト構築機能を追加するプラグインです。

ボックス機能やカスタムのボタンなどかなり便利な機能が簡単に使用できます。

Word Press 管理画面から、「プラグイン」→「新規追加」をクリック

「プラグインのアップロード」をクリックして、

「Gutenburg用プラグイン」ファイルの「st-blocks.zip」をインストールする。

これで準備は完了です。

あとは初めに行う初期設定は公式マニュアルから確認ができます。

管理画面の上に「AFFINGER管理」ボタンをクリック

公式マニュアルを閲覧し、パスワードを入れて初期設定を完了してください。

まとめ

AFFINGERはちょっと気になるな、、と思ったらすぐに導入すべきです!

ここまで導入すればあとがは安心してサクサク作業を進めていくのみです。

AFFINGERを使っていろんなデザイン、構成でどんどんライバルとの差をつけていきましょう!

AFFINGER6購入はこちら

-テーマ, ブログ
-, ,